必要なものだけ選べて節約できる 自分にピッタリな火災保険 火災保険 Bigtomorrow

火災保険に入っていないと

もらい火したら泣き寝入り

 

もらい火したら泣き寝入り01

もらい火したのに、
おとなりに 賠償金を払ってもらえない、
なんてことあるの?


もらい火したら泣き寝入り02

日本の法律で周囲の家への被害に対しては
賠償しなくていいことになっているんです。

 

日本独自の法律!もらい火してしまったら大損!

隣家の火事で、自分の家が燃えてしまった...こんな場合、隣家の家主から損害を賠償してもらえないのをご存知ですか? 日本独自の法律でちょっとした不注意でお隣が火事を出し、それをもらい火してもお隣からは補償されないのです。

同じもらい火でも過失の違いで賠償されなくなる

隣家の失火の原因に?    
○「重過失」があった場合・・・損害賠償を請求できます。
×「軽過失(ちょっとした不注意)」しかない場合・・・ 賠償してもらえません。
それはなぜ?
【失火法】
失火により隣家へ損害を与えた場合は、故意または『重過失』があった場合を除いて、損害を賠償する義務は発生しません。
 
失火の原因が『重過失』によるものかどうかの判断は、 実際には個々の事象により判断されるのです。 
この背景には

  • 狭い土地に木造家屋が密集していて、火災が起きると広範囲になりやすいという、わが国特有の住宅環境
  • 自宅を燃やしてしまった上に、類焼先の家屋の損害の責任を一人に負わせてしまうのは酷であること
  • 現実問題として、失火者の賠償能力をはるかに超えてしまいます

という理由があるようです。

  ●民法と失火法
 
民法709条(不法行為による損害賠償)の規定では、故意または過失によって 他人へ損害を与えた場合、損害賠償責任を負うことになります。
ところが、火災に関しては 例外『失火の責任に関する法律』があります。
この法律は明治23年に制定され、今でも適用されています。
※『重過失』とは 「わずかな注意を払っていれば予見、防止できるのに、漫然と見過ごしてしまった」場合です。
故意と『重過失』には民法709条が適用され、失火者が賠償責任を負うことになります。


もらい火… 自分が気をつけていても
隣からのもらい火は賠償してもらえません!
もらい火に対しては自分自身で火災保険に入って
財産は自分で守るしかありません!

もらい火したら泣き寝入り03

日常生活では、もらい火以外にも多くの危険は潜んでいます。
ご自宅に自動車が衝突したら・・・・


 

HOME

 

火災保険 見積もり 留学保険 海外旅行保険   火災保険 家財  法人 医療保険 AIU 火災保険 退職金プラン 個人年金 終身年金
Copyright(c) 2007(株)ビックトゥモロー All Rights Reserved

 

詳しく 詳しく もっと詳しく